ある日突然現れた、10mmのカタツムリとわたしのお話です。